中央エリア

家族連れでゆったり楽しめるまち

中央

中央線三鷹駅北側に広がるのが武蔵野中央エリアです。昭和16年、中島飛行機製作所に通う人のために開設された三鷹駅北口は、かつて「武蔵野口」と呼ばれた武蔵野市の表玄関として幕を開けました。駅の北口には国木田独歩の詩碑や北村西望の世界平和連邦像が建つロータリーがあります。駅前を北に進めば、警察署、保健所、市民文化会館、中央図書館、市役所など行政機関が集まり市民の暮らしを支えています。横河電機、NTT研究所など多くの企業が集まる企業城下町としての性格もあります。

行政機関などが集まっていることで、生活に便利なエリアといえる三鷹北口圏ですが、一方では、日々の暮らしに欠かせない地域に根ざした商店街と大型スーパーが共存し、JA東京むさしの「武蔵野新鮮館」や農家の野菜直売所などでは新鮮な野菜が販売されています。

豊かな緑と水のせせらぎに心が安らぐ自然環境に恵まれた美しい景観も大きな魅力のひとつです。気の向くままに千川上水沿いや玉川上水沿いを歩けば、四季の移ろいや鳥のさえずりがうれしいひと時を演出してくれます。

子供から年配の人までが楽しむことのできる多くのスポーツ施設がそろっているのも中央エリアの特色です。総合体育館や温水プール、緑の芝が見事な総合陸上競技場に野球場、テニスコートと素晴らしい充実ぶりです。

広大なスポットとしては武蔵野中央公園があります。戦時中は日本初の大規模な空襲で多くの被害者を出した中島飛行機武蔵製作所の広大な跡地に「原っぱとスポーツ広場」をコンセプトに誕生しました。千本近い樹木に囲まれた原っぱには現在、紙ヒコーキ愛好家のメッカとして、のどかな時が流れています。天気のいい週末はバーベキューを楽しむ多くの家族連れでにぎわいます。

見て楽しみ参加して楽しむスポーツ環境の充実や、散策に最適な水と緑、花と木などの美しい自然景観。中央エリアは親子でゆったり楽しめるまちといえるでしょう。

ページトップヘ