武蔵野吉祥寺七福神めぐり開運コース

武蔵野散策ルートマップ 武蔵野吉祥七福神めぐり開運コース


A.武蔵境駅南口スタート

400m 7分

B.杵築大社

杵築大社

江戸時代初め、松江藩主松平直政により建てられる。境内には、江戸時代は富士講で栄えた高さ10メートルのミニ富士と3つの池。病気平癒の祈願信仰が厚い。商売何条の恵比寿様を祀る。

恵比寿様

2.5Km 50分

C. 延命寺

延命寺

寛文10年(1670)開山。入口に阿形(あぎょう)、吽形(うんぎょう)の金剛力士像が睨む。境内には毘沙門天、寿老人を祀る。平和観音像もある。

毘沙門天、寿老人

2.8km 52 分

D.大法禅寺(大法寺)

大法禅寺

寛永10年(1634)開山の禅寺。昭和7年(1634)に六本木より移転した。静かな住宅地にある境内には福禄寿を祀る。吉祥観音像、お徳地蔵様の像がある。

福禄寿

610m 11分

E.安養寺

安養寺

寛永元年(1624)開山。布袋尊を祀る。梵鐘は、江戸時代の作で、大晦日には除夜の鐘 を撞く人で賑う。門前には庚申供養塔や六地蔵がある。

布袋尊

310m 5分

F.武蔵野八幡宮

武蔵野八幡宮

古くより、武蔵野の農民の氏神様として信仰をあつめてきた。文化10年(1819)と記銘のある石の鳥居や狛犬がある。酉の市で賑わい、大國様を祀る。

大国様

1.5Km 25分

G.井の頭弁財天(大盛寺)

井の頭弁財天

井の頭公園の中の島に鎮座し、神田上水源の水神として江戸の人々に広く信仰された。弁財天は、吉祥七福神唯一の女神。社殿は昭和2年に再建された。

弁財天

880m 15分

H.吉祥寺駅南口ゴール

ページトップヘ