[連続講座 第3回目]市民シンポジウム「玉川上水を未来へつなぐ」

江戸時代につくられた玉川上水は、今も武蔵野台地の貴重な自然空間です。地域の景観としても欠かすことができません。この玉川上水を基軸に、千川上水、仙川、雑木林、農地といった水と緑のネットワークをより豊かにしていくため、その方法をみんなで考えてみませんか?

開催日 2016年12月4日(日)※終了いたしました。
時 間 14時~16時30分(13時30分開場)
会 場武蔵野芸能劇場小ホール
東京都武蔵野市中町1-15-10
内 容 ・基調報告
・交流会(お茶とお菓子を楽しみながら)
定 員 50名(事前申し込み不要、直接現地へ)
参加費 無料
主催・問合せ 玉川上水を守り育てる武蔵野市民の会
TEL :090-5533-2316(田中)
email :tanaka95@jcom.zaq.ne.jp

連続講座で学んできたこと

玉川上水を守り育てる武蔵野市民の会では、2016年度武蔵野市生涯学習事業費補助金を受け、以下の連続講座を実施してきました。

◆第1回 講演会
「さとやまと水辺の生物多様性の保全と市民の参加」(講師:鷲谷いづみ氏)

◆第2回 見学会
① 玉川上水と雑木林を歩こう
② 武蔵野市を流れる唯一の河川 仙川(武蔵川)を辿る
③ 千川上水の今昔と水と緑の見学会

PowerPoint ƒvƒŒƒ[ƒ“ƒe[ƒVƒ‡ƒ“

ページトップヘ