春の到来を告げる花「コブシ」

コブシ(平和通り)

コブシは、古くから武蔵野に生えている木で、武蔵野市では「市民の木」のひとつ。

コブシの花は、桜よりも早く、早春に咲くので、春の到来を告げる花として知られています。
昔は、種まきや田植えの時期の目安にされていたようです。

コブシ(千川上水遊歩道)
コブシの花は、4~5cmくらいの大きさの可愛らしい花です。
6枚の薄い花びらがヒラヒラと全開して咲きます。

 

武蔵野市内に咲いているコブシの花をご紹介します。

  • 吉祥寺駅北口 平和通りパルコ前

コブシ(平和通り)

 

  • 千川上水遊歩道沿い

コブシ(千川上水遊歩道)

 

  • 吉祥寺北町

コブシ(北町)

 

コブシの花は、この他にも成蹊通り(井の頭通りと五日市街道に挟まれた辺り)や武蔵野中央公園、井の頭公園の井の頭池の周囲でも見ることができます。

(2020年3月撮影)

 

ページトップヘ