延命寺<寿老人・毘沙門天>

延命寺の開基は長智法印、開山は長恵法印で、関前村開村当時の寛文10年(1670)とされる。

開村にあたり、関前村開発名主の協力を得て、本堂、庫裏、大師堂、神仏習合のもと鎮守八幡神社が造立された。八幡山の山号により関前村のこの地域の小字は八幡附と付けられ、これが昭和37年(1962)町名整理の際に武蔵野市八幡町の町名の由来となった。明治維新の神仏分離令により、延命寺と関前八幡神社に分離されている。長恵時代の遺宝「護摩炉(市有形文化財)」や

恵心作と伝えられる秘仏薬師如来などを祀り長恵時代の遺宝が数多く残っている。入口には亜形(あぎょう)、吽形(うんぎょう)の二体の金剛力士像が睨み、境内には毘沙門天、寿老人の石造や平和観音像などが祀られている。

延命寺

延命時 毘沙門天修正延命寺寿老人

【※写真左:毘沙門天 右:寿老人】

ページトップヘ