【満員御礼】松本訓導殉難100周年記念講座 11/23(土)開催

松本訓導殉難100周年講座

大正8(1919)年11月20日に東京市麹町区永田小学校から開園間もない井の頭恩賜公園に遠足にきていた児童1人が玉川上水に落ちてしまいました。担任教員(訓導)であった松本虎雄氏(当時33歳)が助けようとしたが、雨後で増水した急流に力尽きて溺死してしまいました。(児童については、通りがかりの人たちに助けられ無事。)

当時、松本虎雄先生のこの勇気ある行動は美談として、広く取り上げられ、記念碑(殉難碑)が立てられ、盛大に除幕式も行われました。

本年は、この殉難の日から100周年にあたり、現在も三鷹市にお住まいの松本虎雄氏の妹の御子息松本吉見氏に、当時の事も含めお話を伺い、殉難碑も訪問して改めて松本訓導の勇気ある行動を市民の方々に知っていただきます。

※開催の様子をむ~観ブログに掲載しています。

開催日程

2019年11月23日(土) 午前10時~12時

午前 9時45分  受付開始
午前10時~11時 講演会(座学):講師 松本吉見氏
午前11時~12時 フィールドワーク:井の頭地区公会堂~松本訓導殉難碑

会場

井の頭地区公会堂1Fホール(三鷹市井の頭5-10-24)

募集人数

30名(募集期間:2019年11月1日~17日、先着順) 

参加費用

無料

申込方法

いのけん一級合格者の会「あか井の」(代表 渡邊)に電話(080-1044-3786)もしくはメール(ywatanabe0406@aol.com)でお申込みください。

ちらし

松本訓導殉難100周年講座

主催者情報

主催:いのけん一級合格者の会「あか井の」
後援:みたか都市観光協会、武蔵野市観光機構
協力:株式会社 文伸

ページトップヘ