小金井公園・江戸東京たてもの園

koganei_park_ph01

【広々とした草地と周囲の雑木林が特徴的】

玉川上水沿いに位置した、面積79ヘクタールの広大な公園。
公園の前身は、昭和15年の「紀元2600年記念事業」で計画された小金井大緑地である。
戦後東宮仮御所に使用され、農地解放により敷地の4割を失った。
園内には昭和20年代末期より順次植えられたヤマザクラ、サトザクラ、ソメイヨシノなど約1700本の桜がある。
「桜の園」のエリアには430本が植えられており、春にはお花見名所として大いに賑わいをみせている。
また、広大な雑木林の大部分を「バードサンクチュアリ」として野鳥の楽園にすると同時に雑木林の保護にも取り組んでいる。

広々とした草地、それを取り巻く雑木林、桜園、子ども広場、SL(C57)展示、テニスコート16面、野球場、弓道場、サイクリングコース、ドッグランからなる。「江戸東京たてもの園」が併設されている。

小金井公園HP

http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index050.html

 

江戸東京たてもの園

江戸時代から昭和初期までの文化的価値の高い歴史的建造物が展示されている。

江戸東京たてもの園HP

http://www.tatemonoen.jp/

ページトップヘ